滞在型市民農園 不動尊クラインガルテン
本文へジャンプ
クラインガルテンとは


クラインガルテンとはドイツが発祥の地で、ドイツ語で「小さな庭」を意味します。
園全体、あるいは個人が借りている区画を「クラインガルテン」と呼んでいて、クラインガルテンの敷地内には、「ラウベ」と呼ばれる休憩小屋があります。
日本では、農業を通して自然と人とのふれあいを深めていく滞在型や日帰り型の市民農園のひとつとして人気があります。