InternetExplorer
Ver.6 later Only

《柴田町社会福祉協議会》
タイトル:柴田町地域福祉センター
2006.5.4

▲HOME    メール
事業所配置図 地域福祉センター所在図

地域住民の生活を支える総合的な拠点
 平成13年4月にオープンした柴田町地域福祉センターは、住民自らさんかした地域福祉活動を通して、地域全体で支えあい、明るく豊かなそして安心して生活できるような地域づくりをする総合的な拠点となる施設です。また、介護を必要とする高齢者等には、保健、医療、福祉との連携がとれた在宅福祉サービスを提供する拠点としての役割も果たします。

柴田町地域福祉センター



各事業所配置図
地域福祉センター配置図
▲ページTopへ
 ボランティア
センター
福祉NPO活動団体や住民ボランティアの活動拠点となります。福祉教育の啓発や福祉人材としてのボランティアの育成を行い、住民総ボランティアのまちづくりを目指します。
 管理事務室
(社会福祉協議会)
からの管理委託により、社会福祉協議会の事務所を兼ね、センター全体の管理運営、法人運営や地域住民の総合的な相談窓口として生活を支援する各種事業を行い、地域福祉活動を推進する中心的な役割を果たしています。
 福祉用具
 展示コーナー
宅介護に必要な福祉用具・介護用品を多種展示し、住民の方が気軽に見学や福祉用具の使用体験ができるように多目的ホールと共有スペース化しています。
 柴田町
自立者支援
通所事業「春風」
宅の高齢者に対し、通所の方法により各種サービスを提供することにより、引きこもりの解消、心身機能の維持並びにねたきり等の予防に資することを目的として行われています。
 ヘルパー
ステーション
護保険サービスの訪問介護のステーションとして、在宅の高齢者(介護保険で要介護、要支援と認定された方)や障害者の方への食事や入浴、清拭、排泄、外出の介助等の各種サービスを提供します。
 訪問看護
ステーション
介護保険事業等の訪問看護のステーションとして、在宅での安定した療養生活を支援するため、日常生活の看護や医療的処置・管理などの各種サービスを提供します。
 デイサービス
センター
機能回復訓練室兼食堂 介護保険サービスの通所介護を提供します。日常的な生活空間としての広いスペースを活用し、各種レクリエーション活動、食事等を行い、利用者の心身機能維持向上を図っています。
浴 室 用者が安全に入浴できるリフト付き一般浴槽と、障害のある利用者向けの特別浴槽とがあります。
静養室12 養室は、タイプの違う部屋2室(1は和室で30畳、2は洋室で37.5m2)があり、和室は、採光を充分に取り入れ明るさとスペースに余裕をもたせています。また洋室は、重度要介護者の利用を配慮したベットの置けるスペースを確保し共にそれぞれの特性を生かした部屋となっています。
 研修室123 域福祉活動に関する各種研修等を行います。パーティションで区切ることにより、少人数から150名程度の利用者に対応できます。
 小会議室 約20名程度が会議できるスペースとなっています。
 多目的ホール 民の交流の場としての多目的ホールは、地域福祉活動の各種イベントや各種研修の際、または住民の休憩の場として活用できます。
▲ページTopへ
所在図
所在図


▲HOME   メール
▲ページTopへ