日常生活自立支援事業(まもりーぶ)

在宅の認知症高齢者や知的障がい・精神に障がいのある方で、日常生活に不安を持つ方々の様々な相談に応じ、暮らしのサポートを支援する事業を実施しています。

このような方のお手伝いをします

自分に必要な福祉のサービスを選んだり、利用するための契約を結んだり、利用料等の支払いをすることが一人ではできない(自身がない)方。

このようなことでお困りではありませんか?

福祉サービスについて
・どのような福祉サービスが使えるか知りたい
・一人で選んだり、決めることに不安がある。
・いろいろな書類があって、よくわからない。
お金の使い方について
・お金があるとすぐに使ってしまう。
・郵便局や銀行などの手続きがむずかしい。
・年金がちゃんと振り込まれるか心配。
大切な書類について
・通帳や権利証、実印などを、家に置いておくのが心配。

誰がお手伝いしてくれるの?

生活相談員が定期的に訪問して、悩みごとの相談に乗ったり、お金の使い方についてお手伝いします。

※宮城県社会福祉協議会より一部事務の委託を受けている事業です。詳しくは宮城県社会福祉協議会のホームページをご覧ください。

2015年11月17日