社会福祉協議会とは?

大河原町社会福祉協議会とは?

社会福祉協議会

都道府県や市区町村において、地域福祉をすすめる担い手として、昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会福祉法」)に基づき全国に設置された営利を目的としない民間組織です。市区町村社会福祉協議会は、社会福祉法第109条で「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」として位置づけられています。


社会福祉法における社会福祉協議会の位置づけ

昭和26年 社会福祉事業法制度 第74条に都道府県社会福祉協議会、第83条に全国社会福祉協議会が規定された。
昭和33年
1月28日
大河原町社会福祉協議会設立。
昭和42年
3月29日
法人認可 社会福祉法人大河原町社会福祉協議会となる。
昭和56年 第74条に市町村社会福祉協議会が規定された。
平成 2年 第74条に指定都市社会福祉協議会、区社会福祉協議会が規定され、市区町村社会福祉協議会の事業に「社会福祉を目的とする事業の企画・実施」がくわえられた。
平成 4年 第74条に「社会福祉に関する活動への住民参加のための援助」が都道府県・指定都市・市区町村社会福祉協議会の事業として加えられた。
平成12年 社会福祉法の成立。地域福祉の推進における、中心的な役割をもつ組織として位置づけられた。

社会福祉法(第109条)における社会福祉協議会の目的とする事業
 1.社会福祉を目的とする事業の企画及び実施。
 2.社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助。
 3.社会福祉を目的とする事業に関する調査、宣伝、連絡、調整及び助成。
 4.前3号に掲げる事業のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業


法人概要

設立記念日
昭和33年1月28日
経営主体
社会福祉法人
所在地
〒989-1243 宮城県柴田郡大河原町字南69
TEL   0224-53-0294
FAX   0224-51-3805

会員募集のご案内

 わたしたちが「いつまでもこのまちに暮らしたい」と望むとき、そこには住み慣れた場所があり、知っている人がいて、安心できる環境があると思います。
 そうした望みが叶えられるように、わたしたち社会福祉協議会は住民の皆様と福祉や、ボランティアなどの関係者と協力し「このまちに住んでいてよかった」と思えるまちをづくりをめざしています。みなさまからいただく会費は、地域福祉やボランティアセンター事業等、社会福祉協議会がすすめている様々な活動を行うために使わせていただいております。
 これからの少子高齢化社会に向かって、社会福祉協議会の基盤を強化し、地域福祉事業をより充実させていくため、個人・企業・団体等の皆様方に、会員として社会福祉協議会をご支援・ご理解くださいますようお願いいたします。

会員種類 金額 加入分類
一般会員 500円 世帯が加入
賛助会員 500円以上10,000円未満 個人及び法人が加入
特別会員 10,000円以上 個人及び法人が加入
団体会員 5,000円以上 社会福祉法人・福祉関係団体等が加入

施設ご案内

 

 


組織図